休日に依頼する場合

仕事などで家を空けている間の留守番役、というイメージもある家政婦ですが、もちろん住人が在宅する休日にもサービスを利用することはできます。
また基本的に「留守の間に家の中に人を入れることに抵抗がある」という場合には、あえて家の中に自分が在宅できる休日を選んでサービスを利用すると良いでしょう。この場合には、休日に大切な訪問客や用事が入らないようにあらかじめ調整をしておく必要があります。

実際に家政婦に来てもらっている間には、いくら心配だとは言っても傍でずーっとその様子を監視していては家政婦も作業がしづらいですから、ある程度は家政婦を信頼して任せておきましょう。貴重品類を自分できちんと管理しておくことはもちろんですが、万一の際の保険に入っている運営会社を選んでおくことも大切です。
依頼する業務としては掃除や洗濯といった通常業務のほか、家族による部屋掃除や片付けなどの「お手伝い役」として休日に派遣してもらうのも良いですね。
家政婦サービスは平日・休日を問わずに利用できるサービスですが、運営会社によっては休日の割増料金やオプション料金などが発生する場合もありますから、こちらも事前にしっかりと確認しておきましょう。