平日に依頼する場合

たとえば共働きの夫婦などの場合には、仕事で家を空ける平日の日中に家政婦サービスを利用することが多いのではないでしょうか。
家政婦に依頼できる作業の内容にはさまざまなものがありますが、仕事を終えて家に帰ると部屋の中は整頓され、洗濯物はきれいにたたまれ、お鍋の中には温かな料理がスタンバイ。お迎えサービスで無事に帰宅した子供は、おいしい夕食と宿題もすませて笑顔で「おかえり」・・・。家政婦のサポートがなかった頃には考えられない、とても気持ちの良い余裕のある暮らしだと思います。
しかし、いくら助けになる家政婦とは言えども、日中「留守にしている家」を任せているという感覚は忘れてはなりません。後々のトラブルを防ぐためにも業者選びは慎重に行い、大切な貴重品などは自分でしっかりと管理しておく必要があります。

もしもサービスの途中や終了後に家具の破損や紛失といったトラブルがあった場合には、担当の家政婦と話し合って解決をはかるのではなく、スタッフを派遣した会社に直接問い合わせてトラブルを解決するようにしましょう。
サービス終了の時間を迎える前に、あらかじめチェックをしてからスタッフを帰すようにするのも良いでしょうね。