介護は断られる場合も

家政婦によるサービスのなかには、『介護補助』や『シルバーケア』といった高齢者の介護にまつわるサービスが用意されている場合があります。
一口に『高齢者の介護』といってもその内容はさまざまなのですが、一般的な家政婦サービスでは主に高齢者の「話し相手」や「留守中の見守り」「通院の付添い」「入院中のお世話」「外出の手伝い」「食事の支度」といったサービスを行うケースが多いようです。

一方、高齢者の介護と聞いてまず思い浮かべる「入浴の介助」や「食事の介助」「身体の清拭」「服薬の補助」といったサービスを、家政婦は一切行いません。・・・というよりも、こうした高齢者の身体の 抱きかかえ などを伴う介護サービスは、医療機関や介護機関などのサポート、つまり『介護ヘルパー』などの資格を持つ人物にしか実行が許可されていないのです。
家政婦はあくまでも高齢者の介護の補助や身の回りの世話を行う「ケアワーカー」にすぎませんから、たとえば寝たきりの高齢者の寝返りを補助したり、身体のマッサージなどを行うこともできません。
ですから同じ家政婦による『介護』サービスでも、介護ヘルパーでなければ行えない作業を中心とした依頼の場合には、受託することができないのです。