何歳くらいの家政婦が良い?

東京を対象とする家政婦サービスのスタッフの年齢層は派遣会社により異なりますが、平均的には30代〜60代前後の女性スタッフが多いようです(70代でも元気に活躍されている方も大勢います)。ではどの年齢の家政婦を雇えばよいのか?という質問には絶対的な正解はなく、まずは利用者が希望する家事の内容をきちんとこなせる家政婦を選ぶようにした方が良いでしょう。
たとえば外食が多い生活の中で「家庭的な料理」を用意してほしい場合、一般的には年配の家政婦の方が希望の条件に合いやすいように思えますが、逆に年配の家政婦であっても現代的でお洒落な料理の方が得意という場合もあります。また「学校から帰宅した子供のために食事を用意してほしい」という場合でも同様に、一般的には年齢の若い家政婦の方が現代っ子が好む料理や味付けを知っているということになりますが、実際には年配の家政婦の方が子供が喜ぶ美味しい料理を作ることができる場合もあります。

もちろん利用者が望むサービスにより、ある程度の年齢制限や向き不向きというものはあります。たとえば絶えず動き回る小さな子供の遊び相手をお願いしたい場合などには、あまり高齢の家政婦は選ばないほうが良いでしょう。家政婦の派遣を申し込む際にはあらかじめ何人かの家政婦との面接ができる会社が多いですから、まずはそこで家政婦の人となりや得意分野、また利用者との相性なども確認してみることをおすすめします。